WordPressのブログを作成するために必要なこと

 

先日紹介したWordpressですが、

導入するのに少し手間がかかります。

 

また、Wordpressを使わずに

無料ブログを利用しているユーザーも

少なからずいることからわかると思いますが、

WordPressを使うデメリットもあります。

 

 

 

 

WordPressの導入に必要なもの

 

WordPressを導入するためには

サーバーとドメインが必要になります。

この2つを準備することでWordpressを使えるようになります。

 

まずはそれぞれがどんなもので、

何のために必要なのか考えてみましょう。

 

ドメインとは?

 

あなたはインターネットであるウェブサイトに

訪問したいと考えたとします。

 

そのウェブサイトにたどり着くまでに

どんな情報が必要でしょうか?

 

 

もしあなたがそのウェブサイトに関連する

キーワードを知っているなら

GoogleやYahooでキーワードを検索するでしょう。

 

検索した結果、あなたがみたいウェブサイトが見つかったら

そのリンク先のURLを開くことになります。

 

もしくは何回も訪問しているサイトだったら

そのウェブサイトのURLを知っているので

直接ブラウザにそのURLを入力すると思います。

 

URLというのはGoogleだったら

https://www.google.co.jp/

 

Yahooだったら

https://www.yahoo.co.jp

のことです。

 

 

実はこの"google.co.jp"という部分がドメインなのです。

 

 

それではあなたのWordpressサイトに訪問するためには

URLに何を入力したら到達することができるでしょうか?

 

…わかりませんよね?

どこに行ったらいいかわからない状態を

解消するために必要なのがドメインです。

 

 

あなたの家にたどり着くための住所がドメインということです。

 

サーバーとは?

 

 

さて、ドメインを入手しました。

「これでWordpressサイトが作れるぞ!」

…って、あれ?

 

 

サーバーが見つかりませんと出てしまいました。

 

あなたは住所を手に入れましたが、

まだそこにはお店がなかったのです。

 

 

お店がなかったらそこで売っているものを

手に入れることができませんよね?

 

あなたの書いた記事を提供するのがサーバーの役割です。

 

誰かがあなたのドメイン(URL)に行こうとしたとき

サーバーはそのURLに応じた内容を自動的に返してくれるのです。

 

 

 

WordPressを使うデメリットとは?

 

先ほど、Wordpressを使うには

ドメインとサーバーが必要だということをお話しました。

 

このドメインとサーバーの取得に

お金がかかるというのがWordpressのデメリットです。

 

無料ブログの場合は、

その名の通りサービスを無料で利用することができますが、

ドメインとサーバーには継続して費用がかかります。

 

 

では、ドメインとサーバーには

どれぐらいお金がかかるのでしょうか?

 

ドメインは基本的に年単位の契約となりますが、

ドメインに指定したい名前にもよりますが、

100円〜2,000円/年程度です。

 

サーバーを借りる場合は、

提供される機能(容量、速さ、安定性)などにもよりますが、

100円〜3000円/月程度になります。

 

 

最初はそこまで高機能なサーバーは必須ではありませんので、

1年に1万円かからないぐらいになると思います。

 

無料ブログでそこそこ稼げるようになったら

WordPressに移行する方が多いのは、

確かにお金はかかるのですがそんなに高くないからってことですね。

カテゴリ:Wordpress  [コメント:2]

コメントは2件です

  1. リョータ より:

    こんにちは
    訪問させていただきました
    サーバーはxserverなどでよいのでしょうか?
    おすすめがあるなら少し気になりました
    応援押していきますね

    • Professor Proc より:

      リョータさん、初めまして!
      応援ありがとうございます。

      サーバーはエックスサーバーでも大丈夫ですよ!
      ただ、初期費用と運用費がちょっと高いので、
      最初はロリポップでもいいかもしれませんね。

      今後オススメのレンタルサーバーについても
      記事を書きたいと考えています。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ