WordPressでのバックアップの取り方

 

「間違えて記事を消してしまった!」

「誰かに勝手に内容を書き換えられてしまった!」

「サーバーのデータが全部消えた!」

 

そんな問題が発生した時に大切なのがバックアップです。

 

 

バックアップ(Backup)は簡単に説明すると、

データを保管しておくことです。

 

問題が発生した時に保管しておいたデータを使うことで

簡単に問題のなかった状態に戻すことができます。

 

この記事ではWordpressでのバックアップの取り方について説明します。

 

BackWPupプラグインを活用する

 

バックアップ自体は簡単にすることができます。

あなたの書いた記事や設定を手動でどこかに保管しておけばいいだけです。

 

でもそれだと時間もかかるし、忘れてしまうこともありますよね?

 

WordPressには便利なバックアップ用のプラグインがありますので、

これを活用してバックアップ作業を効率化していきましょう。

 

 

まずはプラグイン追加メニューからBackWPupプラグインをインストールしましょう。

「BackWPup」で検索して"今すぐインストール"をクリックします。

 

インストールが終わったら、有効化して機能を使えるようにします。

 

バックアップのジョブを設定する

 

機能が使えるようになったら

バックアップのジョブを設定します。

 

ジョブというのは仕事のことで、

どのようなファイルをバックアップするかという設定をしたら、

指定された時間にバックアップを自動で取ってくれるようになります。

 

 

問題なくインストールができているなら

「1. インストールの確認」では特に何もする必要はありません。

 

「2. ジョブの作成」にてあなたのWordpressサイトの

バックアップを取れるように設定しましょう。

 

 

一般タブ

基本的なバックアップを行う場合、

特に初期設定から変える必要はありませんが、

「ジョブの名前」と「バックアップファイルの保存方法」だけは設定しておきましょう。

 

今回は一番簡単な「フォルダーへバックアップ」を行います。

 

スケジュールタブ

 

自動的にバックアップを取るように変更してみましょう。

ジョブの開始方法を「Wordpressのcron」に変更します。

 

そうすると実行時間のスケジュールが出てきますので、

あなたのお好みの時間に設定しましょう。

 

今回は初期設定の毎週月曜日の午前3時にバックアップを取るように設定しました。

 

 

DBバックアップ/ファイル/プラグイン

 

バックアップをとるデータベースやファイルの

詳細を設定することができます。

 

よくわからない場合は、初期設定のままでも

必要なファイルは保存されるような設定になっているはずなので

あまり気にしなくても問題ありません。

(念のため確認はしておいてください)

 

 

あとは保存すれば、

自動的にバックアップが実行されるようになります。

 

ちゃんとバックアップが取れるか確認したい場合は、

保存した後に表示される「今すぐ実行」を押して試してみてください。

 

 

 

カテゴリ:Wordpress  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ