Yoast SEOプラグインを使ってSEO対策してみた

Yoast SEOは評価がたくさんついているプラグインなので

インストールしてどんな感じなのか試してみました。

 

 

Yoast SEOの初期設定をしてみる

 

 

とりあえずインストールして見ると

WordPresssの画面上部と左側のメニューに

Yoastプラグインのメニューが追加されました。

 

まずは何か通知があるみたいなので確認してみます。

 

 

Google XML Sitemapsを利用していると出るエラーみたいですね。

どちらかにしたほうがいいことは確かなので、片方を無効化します。

 

 

「Yoast SEOのXMLサイトマップを設定する」から設定画面に飛んで

"無効"に設定すれば簡単に設定できました。

 

Yoast SEOのサイトマップにした方がいいかは

まだちゃんと見れていないのでYoastSEOのを無効化することにしました。

 

 

 

次に通知内容を見てみます。

リンクを数えるために分析をしたいということらしいです。

内部リンクを向上させるために便利とのことなので実行!

 

 

完了したとのことですが、特に評価はない…のかな?

 

内部リンクの記事を読むと

内部リンクはサイトの構成を把握するために使われていて、

どのページがどのように他のページと関連するかをみているそうです。

関連するページが多い方が重要なページと判断できるわけですね。

 

 

と思ったら、データベースにテーブルが

作れなかったというエラーが出ているようです。

 

データベースのテーブルの作り方を

ちゃんと把握していないので後回しにします…。

 

Yoast SEOの記事作成画面

 

 

記事作成画面にもYoast SEOの機能が追加されていますね。

可読性とSEOの対応状況がどんな感じか教えてくれるようです。

 

 

SEOの方はこんな感じで表示されます。

 

一番上の項目が怪しいですね。

どうやら英語の単語しかカウントしてくれていないようです。

 

ということはいつまでたってもSEO対策が○にならなそうな気が…。

 

あとはタイトルに"「Yoast SEO」"と入れていたら

”フォーカスキーワード「Yoast」がSEOタイトルに含まれていません。”

とエラーが出てしまいますね。

 

"Yoast SEO"に変更したらなくなりましたが、

日本語との連携はあまりよくなさそうです。

おそらくその単語はスペースで区切られていないと認識しないと思われます。

 

 

でもSEO対応状況のチェックリストにはなりそうですね。

もう少し使ってみてまた報告します。

 

カテゴリ:SEO  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ