robots.txtでの設定がうまくいっているか確認する方法|失敗していると大変なことに!

 

robots.txtの目的については理解できたと思います。

robots.txtを活用して検索エンジンに命令する!Wordpressのここは見ちゃダメ!

 

robots.txtで設定したけど

大事なページがブロックされたままになっちゃった!

…なんてことにならないように確認しておきましょう。

 

 

Google Search Consoleで確認する

 

Google Search Consoleには

robots.txtをテストする機能があります。

 

まだSearch Consoleの設定を行なっていない場合は

この機会に設定しておきましょう。

 

 

左側のメニューの"クロール"の中に

robots.txt テスターという項目があります。

 

 

特に設定を変えていなければ

ここであなたのrobots.txtが表示されます。

 

 

以前のページで説明したように

ブロックする場合は"Disallow: "/ディレクトリ名/""を入れます。

 

ここではすでに/wp-admin/がブロックされているので、

このアドレスを使ってテストしてみます。

 

下のテキストボックスにテストするアドレスを入力し、

「テスト」をクリックします。

 

ボタンが「ブロック済み」に変わり、

ブロックしているrobots.txtの行が

赤くなっていますね。

 

こうやってテストしてから

robots.txtファイルを作成することで

ミスを防ぐ事ができます。

 

テストが終わったらWordpressにrobots.txtをアップロードする

 

先ほどテストしていたページの

robots.txtの内容をコピーして

robots.txtというファイルを作成してください。

 

ここでコピーせずに作るとせっかくテストしたのに

ミスしてしまうかもしれないので注意が必要です。

 

 

作成が終わったら、WordPressにアップロードします。

 

仮想robots.txtがホームページのアドレス+/robots.txtで

みる事が出来るということを覚えていますか?

 

実はrobots.txtファイルがサーバーに存在していると

仮想robots.txtは作成されなくなるのです。

 

ということでWordpressの最初のフォルダ(ルートとも言います)に

robots.txtをアップロードすれば完了です!

 

まとめ

 

 

意外と簡単にできそうだと思いませんでしたか?

 

新しい用語がたくさん出てくると

わかりにくくなったりしますが、

分割してみると意外と簡単だったりします。

 

今回のrobots.txtは普通にブログ運営している際には

あまり使わないかもしれませんが、

知っておいたらそのうち役に立つかもしれません笑

 

プロク教授

カテゴリ:SEO  [コメント:1]

コメント1件

  1. ヨッシー より:

    初めまして!
    ランキングより伺いました。
    まだ、WPも上手く使えていませが、これからトライしていきたいので
    参考にさせて頂きたいと思います。
    また、訪問します。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ