HTMLの基本|HTMLがどういうものなのか理解していますか?

 

ブログやWordpressを使っていると

HTMLを理解しなくてもページを作成する事ができます。

 

しかし、HTMLなどのコードを理解できるようになると

今までできなかった事が出来るようになったり、

ブログやWordpressの理解を深める事ができます。

 

まずははじめの一歩として、

HTMLについて説明していきます。

 

 

HTMLって一体なんなの?

 

HTMLはHyperText Markup Languageの略です。

 

この文字列を覚える必要はありませんが、

HTMLがどのようなものか理解するために

それぞれの単語について説明します。

 

HyperText(ハイパーテキスト)とは

文書と文書を繋げる仕組みを持った文書のことです。

 

あなたのブログにも他のページを紹介したりするときに

リンクを貼ったりした事があると思います。

 

そのリンクはハイパーリンクとも呼ばれており、

ハイパーリンクを持つページがハイパーテキストと

呼ばれることになっています。

 

簡単にいうと、

他のページに移動できるページは

全てハイパーテキストとなります。

 

 

Markup(マークアップ)とは

目印をつけるという意味を持つ単語です。

 

ここで目印をつけるといっているのは

該当する部分がタイトルなのか見出しなのか

リンクなのかを区別する事が出来るようにするという事です。

 

 

最後にLanguageは言語という意味ですが、

文法という意味もあります。

 

まとめるとHTMLとは…

 

他のページに移動する事ができるページを

構成などの目印をつけながら

作成するために使う文法という事です。

 

あなたの作成しているページは

最終的には全てHTMLで表現されています。

 

HTMLの構成を理解する

 

HTMLを見た事がない場合は

一度見てみるとわかりやすいと思います。

 

あなたの使っているブラウザがChromeであれば

右クリックして「ページのソースを表示」で

HTMLコードを見る事ができます。

※出来るだけシンプルなページがわかりやすいと思います。

 

 

<h1>タイトル</h1>

のような表示を見る事ができたと思います。

 

<h1>というのがその構成要素の始まりで

</h1>というのがその構成要素の終わりになります。

"/"があると終わりという事ですね。

 

そしてその間にあるのがその構成要素の内容です。

ちなみにh1というのは一番大きな見出しという構成要素です。

 

 

HTMLではh1のように各構成要素に"タグ"で目印をつけていきます。

 

ブラウザはHTMLの中のタグを見て

このHTMLはこういう風に表示するんだな!と

解釈してあなたが見やすいように表示してくれます。

 

HTMLを理解するメリット

 

HTMLについて理解できていると

もしあなたのブログでエラーが発生した際に

HTMLコードを見る事で原因がわかるかもしれません。

 

また、Wordpressでテーマをカスタマイズする際に

なぜそのコードを入れる必要があるのか

わかる可能性が上がります。

 

 

ブログやWordpressを利用していると

HTMLは理解しなくても運営できますが、

理解できるともう一歩上のレベルに上がることができます。

 

すぐに身につくものではないので、

少しずつ理解していきましょう。

 

 

プロク教授

カテゴリ:HTML  [コメント:3]

この記事に関連する記事一覧

コメントは3件です

  1. きょろ より:

    こんにちは
    wordpressの記事を書くときは
    ビジュアルとテキストがありますね
    HTMLが理解できると
    テキストモードで記事を書くことができますし
    ほかのサイトをソースでみるとどんなデザインか理解できます
    学んで損はないと思います

  2. 校長先生、初めてコメントさせていただきます!(学校なので勝手に校長と呼んでいますw)

    最近は便利なツールとかもありますし、全部のHTMLのコードを暗記しようと思ったら終わりが見えないですが、

    簡単なHTMLでも少しは覚えているとサイトのデザインとかレイアウトとか考えたり、するのにチョッと楽しくなるときがあります!

    また訪問させて頂きます。

    お邪魔しました~

  3. GGO より:

    アフェリ初心者です。
    本事項であるHTMLを活用できるように頑張ります。
    参考となりましたありがとうございました。

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ