ブログの記事は何文字書いたらいいのか?

ブログを書いていると気になってくることがあります。
投稿する記事は何文字書いたらいいの?

 

これに関しては、
いろんなウェブサイトや書籍で様々な情報があります。

 

すでに知名度のある製品を紹介するのなら
文字数は少なくても問題ない!…ですとか

 

Googleの検索に引っかかるようにするには
最低400文字、700文字、1000文字!…ですとか

 

文字数が少なかったら先行しているブログには勝てないので、
2000文字とか多いほうがいい!…ですとか

 

 

いろんな考え方はあるかと思いますが、
私の考えとしては、

 

ブログの記事は何文字でもいい。

 

…と考えています。

 

 

そもそもブログの記事をなぜ書くのかを考えれば、
記事の文字数なんて気にする必要がないということがわかります。

 

あなたのブログに訪問してくれた人は
何を求めて訪問してきているのでしょうか?

 

その人にとって役に立つ情報があると思ったから
訪問してくれているんです。

 

だとすれば、あなたのブログは
訪問してくれたユーザーに価値のある情報を
届けることができる記事を書くべきです。

 

訪問してくれた方は
あなたの記事の文字数なんて気にしません。

 

検索で役に立ちそうなサイトと思ったから
クリックしてくれているだけです。

 

 

その記事を見て役に立ったのであれば、
他の記事を読んでくれたり、メルマガに登録してくれたり、
あなたにとっていいことが起こってきます。

 

訪問してくれる方にとって価値があるのであれば、
10文字だろうと、100文字だろうと、
10000文字でもいいわけです。

 

もう買うものが決まっていて、
リンク先を探しているのなら
短くてもいいかもしれませんし、

 

調べ物をしていて詳しく知りたいと考えているなら、
文字数がすごい多いほうが役に立つかもしれません。

 

あなたのブログに訪問してくれる方が
どんな情報をどの程度欲しいのかを考えて、
その方にあった文字数を書くのが一番ということです。

 

文字数を気にするのはやめて、
顧客起点で記事を作成していきましょう。

 

カテゴリ:未分類  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ