初心者必見!誰にでもわかる”トラックバック”の解説

 

トラックバックという単語を見かけるけど

「まだどういう意味があるのかわからない!」という

ブログ初心者のために簡単にわかる説明をしていきます。

 

 

トラックバックとは?

 

トラックバックを一文で説明すると以下になります。

 

「他のブログの記事に対して、あなたが記事を書いたと通知し、

他のブログからあなたのブログにリンクを貼ってくれる機能」

 

 

もう少し詳しく説明していきます。

 

上の説明を見ただけだと

「pingと何が違うの?」と考えるかもしれません。

 

 

pingは通知先にあなたの記事が更新されたと通知することによって

検索結果にあなたの記事が反映されるようにするのが目的でした。

 

 

トラックバックの目的は2つあります。

 

1. 相手の記事に対して、あなたの記事でその内容に触れましたと通知すること

2. 相手の記事に対して、あなたの記事で関係ある記事を書いたと通知すること

 

1が通常トラックバックで使われる目的ですが、

2に関してもトラックバックが使われることがあります。

 

 

 

相手に記事の内容に触れたと通知する

 

あなたのブログで他のブログ記事へのリンクを貼ったとします。

 

そのような場合、

相手のブログはあなたがそのリンクを貼ったことを

知ることができません。

 

 

相手のブログ記事にリンクを貼ったことを知らせるためには、

相手の記事にコメントを残したり、

相手のブログの運営者にメールをして教える必要があります。

 

 

でもこれを毎回記事でリンクを

貼るたびにやるのって面倒ですよね?

 

 

それを自動的に相手のブログに通知してくれるのが

トラックバックなのです。

 

 

トラックバックされた側は自動的にその通知元のリンクを

その記事に追加することができます。

 

それにより相手のブログでは、

誰がそのブログの記事に対してリンクを

貼ったのか一覧で見ることができますし、

 

コメントやメールでお礼や感想の返信を

行わなくてすむということになります。

 

自分と相手側双方にメリットがあるのが

トラックバックの良いところになります。

 

 

相手に関連記事を書いたと通知する

 

こちらはどちらかというと

一般的な使い方ではないと思っていますが

使い方によっては便利に使えることもあります。

 

通常は関連記事を書いたからといって

ブログに通知が来てもあまり興味がないと思います。

 

ただ、ブログで意見を募集したり議論を行いたい場合には、

一覧にすることができると便利だと思います。

 

そのような場合にはトラックバックで

関連記事を書いたと通知することで

元の記事に意見を集約することができるようになります。

 

 

 

スパムや迷惑行為には注意する

 

上記で述べたように自動で通知してくれるというのが

トラックバックの良いところですが、

自動で行われるということを悪用している人もいます。

 

 

いろんなブログにトラックバックをたくさん送りつけることで

自分のブログへのリンクを大量につけたり。(スパム)

 

ウィルスなどがあるウェブサイトのリンクから

トラックバックを送ることで

相手の記事にウィルスのあるページへのリンクをつけたり。

 

 

このようなことをされると

あなたのページからどうでもいい記事へのリンクがついたり、

ウィルスに感染するページへのリンクがついてしまったりします。

 

悪意のあるトラックバックからの守り方

 

自動で行うことができるのが

トラックバックの良いところなのですが、

悪用されることを考えると自動で行われるのは避けた方が良いです。

 

通常ブログではトラックバックされた際に

自動的に行うか、承認するか選択することができます。

 

この設定をあなたが承認した時にしか

トラックバックでリンクを表示しないように設定しておきましょう。

 

ここであなたが承認したリンクしか掲載しないことによって

ユーザーは変なリンク先に訪問することがないようにできますし、

質の高いリンク先に絞ることでブログの信頼性を向上させることができます。

 

 

スパム扱いされないためには

 

あなたの送ったトラックバックが

スパム扱いされてしまうこともあります。

 

相手のブログにとって迷惑な行為にならないように

基本的には相手のブログのリンクを貼った時以外は

トラックバックをしないようにしましょう。

 

全く関係のない記事に関するトラックバックを送られても

相手のブログからしたらどうでも良い内容でしかないわけです。

 

相手にとってあなたのブログを表示させることが

メリットになるかどうかを考えてトラックバックを送るようにしましょう。

 

 

カテゴリ:ブログ  [コメント:0]

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

トラックバックURL: 

ページの先頭へ